第1条 定義
日経BPパスポート利用規約(以下「本規約」といいます)における用語の定義は以下のとおりとします。
「日経BP」とは、株式会社日経BPおよびグループ会社各社をいいます。
「本サービス」とは、日経BPが提供する、インターネットを利用した情報提供、課金・決済サービスなどを利用するための会員認証サービス「日経BPパスポート」をいいます。
「個別サービス」とは、本サービスを利用して受けられる個々のサービスをいいます。
「個別サービス規約」とは、個別サービスに関する規約、免責事項、又は注意事項をいいます。
「利用者」とは、個別サービスを利用するために日経BPに本サービスの登録を申し込み、日経BPが登録を認めた個人をいいます。なお、本サービス上では「日経BPパスポート会員」と呼ぶことがあります。
「利用申込者」とは、新たに利用者になろうとする者をいいます。
「利用契約」とは、利用者と日経BPとの間に成立する、本サービスの利用に関する契約をいいます。
「登録情報」とは、利用者または利用申込者が日経BPに対して届け出た、自身に関する情報をいいます。
「会員認証」とは、登録情報をもとに利用者が日経BPパスポート会員であること及び個別サービスの利用権限が日経BPにより確認されることをいいます。
 
第2条 規約の適用
1. 本規約は、本サービスの利用に関して、日経BPと利用者(利用申込者を含みます)との間に適用されます。
2. 個別サービスに関して、個別サービス規約が存在する場合は、当該個別サービス規約の規定が本規約に優先して適用されます。
 
第3条 利用者登録およびID、パスワードの管理
1.利用申込者は、日経BP所定の手続きをもって本サービスの利用を申し込むものとし、日経BPがこれを承諾した時に、利用契約が成立するものとします。
2.利用者は、登録情報に変更が生じた場合には、速やかに日経BPに所定の方法で変更の届出をするものとします。ただし、手続きの関係上、変更の手続きをしてから、当該変更が有効になるまで日数を要する場合があります。
3.利用者は、登録した自己の会員認証メールアドレス、ID、パスワード、その他の情報を管理する一切の責任を負うものとし、自己の会員認証登録情報および会員認証を条件とする本サービス及び個別サービスを利用する権利を第三者に使用させず、または第三者と共有し、もしくは第三者に許諾しないものとします。
4.利用者の会員認証がなされた場合の利用やそれに伴う一切の行為(クッキー等で利用者自身が関与しなくとも会員認証がなされ、他者による利用が可能となっている場合を含みます)は、当該利用や行為が利用者自身によるものであるか否かを問わず、利用者による行為とみなします。
 
第4条 利用者の禁止事項
本サービスのご利用に際しては以下に定める行為(その行為を誘発または準備する行為も含みます)を禁止します。
(1) 第三者になりすまして本サービスを利用する行為
(2) 第三者の設備または本サービス用設備(日経BPが本サービスを提供するために用意する通信設備、通信回線、電子計算機、その他の機器およびソフトウェアを含む)の利用もしくは運営に支障を与える行為
(3) 不正な手段により他者の日経BPパスポートの登録情報を収集する行為
(4) 本サービスの不具合や障害を不正な目的で利用し、またはそれを他者へ伝達する行為
(5) その他日経BPが不適当と判断する行為
 
第5条 個人情報
日経BPは、会員認証情報、登録情報および本サービスの利用にあたり日経BPが取得した利用者に関する情報を、「個人情報保護方針/ネットにおける情報収集/個人情報の共同利用について」にしたがって取り扱います。
 
第6条 利用環境・設備等
利用者は、本サービスの利用に要する通信料金および必要なハードウェア、ソフトウェア等設備を、自己の費用と責任で負担し、その設備が日経BPの示す利用環境に適合していない場合や利用者の設定により、本サービスの利用ができない場合があることを了承するものとします。
 
第7条 本規約の変更
1.日経BPは、利用者にあらかじめ通知及び承諾を得ることなく、随時本規約を追加、変更または削除(以下、本条において「変更」といいます)することがあり、利用者は、日経BPが本規約を変更することおよび本サービスの利用条件等が変更後の本規約によることを了承するものとします。
2.日経BPは、前項の変更を行う場合には、変更後の本規約の内容を、本サービスのご案内Webサイトに掲載またはメールでのご連絡など、その他日経BPが合理的と判断する方法によって、利用者に通知します。
3.本規約の変更後の内容は、日経BPが別途定める場合を除いて、本サービスのご案内Webサイトに掲載またはメールの送信がなされた時点から効力を生じるものとします。
 
第8条 退会
1.利用者が、本サービスの利用を終了する場合は、日経BP所定の方法により利用者自身で退会の手続きをするものとし、日経BPが確認したことをもって利用者が退会した(利用契約が解約された)ものとします。
2.利用者は退会により、日経BPパスポート会員時に取得した一切の権利を失います。また、退会後に利用者に生じた損害について、日経BPは一切責任を負いません。
3.本サービスや個別サービスにおいての利用が一定期間ない場合(一定期間の規定については日経BPが適切と判断した内容で決定いたします。)日経BPの判断により、退会処理を行う場合があります。
4.利用者による会員認証情報の紛失、失念、その他利用者に帰すべき原因により、退会ができない場合であっても、日経BPは退会のために対応する義務はないものとします。
5.日経BPは、本条に基づき日経BPが行った行為により利用者に生じた損害について、一切責任を負いません。 
 
第9条 利用停止
1.日経BPは、利用者にコンタクトできない場合や利用者の規約違反が認められる場合、利用者の行為に対する苦情を日経BPが認めた場合、法令違反で刑事処分等を受けた場合など、必要と判断した場合に利用者への事前の通知または催告を行うことなく本サービスの利用を停止することができるものとします。
2.日経BPによる利用者に対する利用停止措置に関する質問・苦情は一切受け付けません。
3.日経BPが利用停止したことにより利用者に損害が発生したとしても、日経BPは一切責任を負いません。
 
第10条 本サービスの変更、中止等
日経BPは、利用者に事前の通知をすることなく、本サービスの内容の全部または一部の変更、停止または中止(終了)をすることができるものとします。当該変更、停止または中止(終了)には、システムの保守や、天災などに起因するものも含まれます。
 
第11条 免責および損害賠償
1.(日経BPの免責)
本サービスに関する日経BPの利用者に対する責任は、利用者が支障なく本サービスを利用できるよう善良なる管理者の注意をもって本サービスを運営することに限ります。日経BPに故意または重大な過失がある場合を除き、日経BPはいかなる責任も負わず、また、損害賠償義務も一切負いません。但し、本利用規約による契約が消費者契約法に定める消費者契約に該当する場合、その限りではありません。
2.(利用者の責任)
自己の会員認証情報を利用して本サービス上でなされた一切の行為およびその結果(当該行為を利用者自身が行ったか否かを問いません)、および利用者の会員認証情報が他者に使用されたことによって利用者または第三者が被る損害(当該利用者の故意過失の有無にかかわりません)については利用者が責任を負い、日経BPは一切責任を負いません。
3.(本サービスの非保証)
本サービスはその時点において日経BPにとって提供可能な内容のものとします。利用者は、日経BPが本サービスについて瑕疵のないことを保証しないことをあらかじめ了承するものとします。本サービスについて完全性、正確性、適用性、有用性などに関して、いかなる責任も負いません。。
 
第12条 本規約違反等への対処
1.日経BPは、利用者が本規約に違反した場合もしくはそのおそれのある場合、または利用者による本サービスの利用に関し第三者から日経BPにクレーム・請求等がなされ、かつ日経BPが必要と認めた場合、利用者に対しその調査の協力を求めることができ、利用者はこれに協力するものとします。
2、利用者は、本条第1項に定める措置が日経BPの裁量により事前に通知なく行われることを了承します。
 
第13条 準拠法と合意管轄
日経BPと利用者との間で、本規約に基づくまたはこれに関連する訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。本規約に関する準拠法は、日本法とします。
以上
(2012年9月11日制定)

個人情報保護方針/ネットにおける情報収集/個人情報の共同利用著作権・リンクについて日経BP社のホームページ
日経BPパスポート利用規約個人情報取得に関するご説明日経ID統合について
Copyright(c) Nikkei Business Publications,Inc.